« 中国はロシア、インドとの経済関係を深める一方。米国やヨーロッパへの窓は閉じる。4月11日 | トップページ | ゼレンスキーの大失敗をウクライナ人は許さない。11月13日 »

2024年4月12日 (金)

中国は米国が作り出した逆風を克服し、急速な経済発展の道を歩み続ける。4月12日

ミリタリーサマリー:ロシアのミサイルがウクライナ全土を攻撃。ウクライナ西部、キエフ、オデッサ、ハリコフ、リプロなど。標的は主に発電所と燃料貯蔵庫。キエフ市の西側にある発電所が破壊された。修復不可能なほどの破壊。戦場が急速に加速化されている。ロシアの総攻撃は5月中旬からと思っていたが、もっと早くなるかもしれない。ドンバス各地のロシア軍はノロノロとウクライナ兵が集まるのを待って攻撃しているが、主導権は完全にロシア軍が握っている。

ジョン・ミアシャイマー:CIAがモスクワのテロに関与していた証拠は不完全だが、関与していても全く不思議ではない。CIAはそういうことをするための組織だ。米国はロシアに戦争を仕掛けたことになる。欧米が支援すれば、ウクライナ戦争は長引くだろうが、確実にウクライナが敗北する。戦争が長引けば長引くほど、ウクライナは小さくて虚弱な国家になるだけだ。NATOもこの戦争に敗北して弱体化する。イスラエルがイランの領事館を攻撃したが、これは戦争犯罪も良いところで、米国をイラン戦争に参加させようとしている。米国のネオコンもイランと戦争したくてしょうがない。イスラエルの目的は10月7日から変わっていない。パレスチナ人の虐殺だ。ハマス殲滅は口実に過ぎない。ハマアスの戦闘員は4万人以上いるが、イスラエルはまだ1200人しか殺していない。イスラエルの目的は民族浄化、大虐殺であり、パレスチナ人全員を餓死させることだ。こんなことを続けたらユダヤ人も共謀している米国人も、世界から信用を失うことになる。

ジェフリー・D・サックス:欧米のマスコミは中国経済に関する不吉な話で溢れている。中国の急成長は終わった、中国のデータは操作されている、中国の金融危機が迫っている、中国は過去四半世紀の間、日本と同じような停滞に見舞われるだろう、と定期的に言われている。これはアメリカのプロパガンダであり、現実ではない。確かに中国経済は逆風に直面している。しかし、中国は米国が作り出した逆風を克服し、急速な経済発展の道を歩み続けることができる。

大地舜:欧米・日本は経済面でも衰退するだろう。中国は世界の87%の人口を占めるBRICS+諸国とグローバルサウスの経済発展に尽力すれば良いだけだ。欧米諸国や日本との貿易は不要になるだろう。

« 中国はロシア、インドとの経済関係を深める一方。米国やヨーロッパへの窓は閉じる。4月11日 | トップページ | ゼレンスキーの大失敗をウクライナ人は許さない。11月13日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国はロシア、インドとの経済関係を深める一方。米国やヨーロッパへの窓は閉じる。4月11日 | トップページ | ゼレンスキーの大失敗をウクライナ人は許さない。11月13日 »