« 西アジアで戦争が起これば、石油価格は天文学的に上昇し、世界の金融構造を崩壊させる。4月20日 | トップページ | ドンバス中央部に巨大な穴が空いた。4月22日 »

2024年4月21日 (日)

米国政権が、ロシアをヨーロッパから追い出した。4月21日

ミリタリーサマリー:ハルキフ市がミサイル攻撃されて、燃料保管所と集まっていた多くの兵士が被害にあった。ネオミカエルフカ市のロシアによる占領が完成。オデッサにフランス兵2000名が入った。米国から61ビリオンドルの支援が決まると、ウクライナ戦争はあと1年は長引くことになる。

The Duran:習近平がフランスとセルビアを訪問する。帰国してからはプーチンと会談。習近平の訪問の目的は不明だがウクライナ和平への提案ではないだろうか?中露の団結だが、15年前からロシアとの関係を強めようと努力していたのは中国。だが、ロシアは迷っていた。ヨーロッパの一員でいることを望んでいたからだ。ロシアが中国と提携することに完全に決めたのは2022年。ウクライナがNATOに加盟して核兵器も配備する可能性を示した時だ。中国はロシアとの提携を大歓迎した。ロシアは天然資源も水も食糧も豊富で、中国とは補完関係にある。欧米諸国がロシアを中国に追いやったのだ。中国はロシアを味方にして自信を強めている。世界各国にとっても中国は経済面で、米国よりもすでに重要な存在だ。米国政権は中国が望んだように、ロシアをヨーロッパから追い出した。

J.D.バンス(オハイオ州選出の上院議員・共和党):ウクライナにはどれだけの資金が必要なのか?バイデン氏は、600億ドルの支援がロシアとウクライナの大規模な戦争における勝敗の分かれ目になると示唆している。これは間違いだ。 この600億ドルは、ウクライナに有利な流れを変えるために必要な額のほんの一部だ。だが問題はドルだけではない。根本的に、ウクライナが戦争に勝つために必要とする量の武器を製造する能力が、我々には不足している。紛争が始まって以来、米国は155ミリ砲弾の生産量を大幅に増やしたが、ウクライナが必要としている数の10分の1以下である。政権の目標は、2025年末までに必要量の30%にあたる120万発を生産することだ。これでは不足だ。ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領らは、年間数千機のパトリオット迎撃ミサイルが必要だと指摘している。問題はこれだ: アメリカは年間550機しか製造していない。現在議会で検討されている追加援助パッケージを通過させれば、年間生産数を650まで増やせる可能性がある。それでもウクライナが必要とする数の3分の1以下だ。ウクライナの人手不足は深刻だ。ウクライナは50万人以上の新兵を必要としているが、数十万人の戦闘年齢の男性がすでに国外に逃亡している。ウクライナの兵士の平均年齢は43歳で、多くの兵士はすでに2年間前線で戦い、戦闘をやめる機会はほとんどない。2年間の紛争の後、ほとんど男性が残っていない村もある。ウクライナ軍は男性を兵役に就かせるよう強要し、女性たちは前線での長期兵役を終えた夫や父親の帰還を求める抗議行動を起こしている。ホワイトハウスは何度も何度も、ロシアのプーチン大統領とは交渉できないと述べてきた。これは馬鹿げている。バイデン政権は、ウクライナ人がこの戦争に勝つための実行可能な計画を持っていない。アメリカ人がこの真実に直面するのが早ければ早いほど、この混乱を収拾し、平和を仲介することができるのだ。(New York Timsオピニオン欄4月12日)

大地舜:習近平は何をしにヨーロッパに行くのだろう? 「ロシアには、西ヨーロッパまで戦争を広げさせない」と、ヨーロッパ人を安心させるためだろうか? 中露関係は日本にとっても羨ましい関係だ。日本もロシアと仲良くなるべきだ。日本もロシアとは補完関係にあるからだ。

« 西アジアで戦争が起これば、石油価格は天文学的に上昇し、世界の金融構造を崩壊させる。4月20日 | トップページ | ドンバス中央部に巨大な穴が空いた。4月22日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

貴重な情報をありがとうございます。「バイデン政権は、ウクライナ人がこの戦争に勝つための実行可能な計画を持っていない。」との言葉。 色々と考えさせられます。
今のアメリカとヨーロッパの狙いは、
1)ウクライナに勝たせることが目的ではなく、ウクライナを捨て駒として使い、ロシアを弱体化させるのが目的ではないでしょうか。そうすればNATOは、ロシア軍に勝てると考えているのではないでしょうか。
2)NATOの規則を捻じ曲げて、戦争中のウクライナを強引にNATOに加盟させ、第三次世界大戦へと持っていくことを目的にしているのではないでしょうか。トランプの再選の可能性と年金破綻、国家財政破綻は免れないことを知っているディープステイトは、第三次世界大戦を必要としているのではないでしょうか。

<トランプの再選の可能性と年金破綻、国家財政破綻は免れないことを知っているディープステイトは、第三次世界大戦を必要としているのではないでしょうか。>

可能性ありますね。自分たちも被害を受けるから核戦争は望んでいないかも。アングロサクソンに世界を任せておいたら、破局になるでしょうね。

>原田 泰弘さん
>
>貴重な情報をありがとうございます。「バイデン政権は、ウクライナ人がこの戦争に勝つための実行可能な計画を持っていない。」との言葉。 色々と考えさせられます。
>今のアメリカとヨーロッパの狙いは、
>1)ウクライナに勝たせることが目的ではなく、ウクライナを捨て駒として使い、ロシアを弱体化させるのが目的ではないでしょうか。そうすればNATOは、ロシア軍に勝てると考えているのではないでしょうか。
>2)NATOの規則を捻じ曲げて、戦争中のウクライナを強引にNATOに加盟させ、第三次世界大戦へと持っていくことを目的にしているのではないでしょうか。トランプの再選の可能性と年金破綻、国家財政破綻は免れないことを知っているディープステイトは、第三次世界大戦を必要としているのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西アジアで戦争が起これば、石油価格は天文学的に上昇し、世界の金融構造を崩壊させる。4月20日 | トップページ | ドンバス中央部に巨大な穴が空いた。4月22日 »