« 米国政権が、ロシアをヨーロッパから追い出した。4月21日 | トップページ | 米国はパレスチナを騙し続けてきた。2月23日 »

2024年4月22日 (月)

ドンバス中央部に巨大な穴が空いた。4月22日

ミリタリーサマリー:ウクライナは大苦戦している。だが米国の支援が決まり、一息つくだろう。現状のままではウクライナ戦争が、今年中に終わってしまう。バフムートに新鮮なロシア軍が集結している。ニプロ川まで押し寄せるための部隊だろう。米国はゼレンスキー護衛のため60名の護衛兵を送り込んだ。米国が提供する61ビリオンは不十分な金額だ。ウクライナはその4倍を必要としている。

The Duran:アブディエフカが陥落してから6週間しか経たないが、ロシア軍は急速に占領地を拡大している。ドンバス中央部に巨大な穴が空いてしまった。米国の支援が決まったが、これで、軍隊も経済も崩壊しているウクライナの社会不安が収まるだろう。米国の支援の狙いは11月の大統領選挙まで、ウクライナを敗北させないことだ。バーンズCIA長官も、米国からの援助がないと12月に戦争が終わってしまうと恐れていた。

デイモン・リンカー(ペンシルバニア大学政治学部上級講師):ギャラップ社は最近、長年にわたって行ってきた「米国の現状に対する満足度」調査の最新版を発表した。アメリカ人の4人に3人(75%)が不満だと答えた。アメリカ社会のあらゆる部分が目の前で壊れていっているのだ。例を挙げればきりがない: 悲惨なイラク戦争、破滅的な金融危機、そして新たな富のほとんどがすでが裕福な人々に流れた10年間の貧弱な成長、100年に一度の大流行病への混乱した対応、アフガニスタンからの屈辱的な撤退、物価と金利の上昇、公的・私的債務の急増、ホームレスの急増とアメリカの都市におけるテント野営の広がり、国境を越えて流れ込む不法移民、銃乱射、精神疾患、うつ病、中毒、自殺、慢性疾患、肥満の急増と平均寿命の低下。バイデン氏はトランプ氏が手を出さない限り、アメリカの制度はまったく問題ないと考えているかのような言動がほとんどだ。バイデン氏が「アメリカでは多くのことが破綻している」と認めるだけで、懐疑的で無関心な有権者から多くの好意を得ることができるだろう。急増する持続不可能な国家債務と、それを抑制するために何が必要かを正直に話さなければならない。すべてが壊れているこの現実を否定することは、無数の過ちから学ぼうとしない、あるいは学べない、あるいは認めることすらできない政治家であることを意味する。そのような逃げ腰はやめるべきだ。(New York Tims 4月8日)

大地舜:雑誌「ムー」に「世界を操る影の組織ミルナーグループ」という記事を今朝送付した。7月号に掲載される予定。6ページの短い記事だが、「欧米の敗北」の真相を的確に描写しているつもり。

« 米国政権が、ロシアをヨーロッパから追い出した。4月21日 | トップページ | 米国はパレスチナを騙し続けてきた。2月23日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国政権が、ロシアをヨーロッパから追い出した。4月21日 | トップページ | 米国はパレスチナを騙し続けてきた。2月23日 »