« ウクライナ・プロジェクトが終わる。5月12日 | トップページ | プーチンは戦争終了への準備をしている。5月14日 »

2024年5月13日 (月)

ロシアはすでに別次元に入っている。5月13日

ミリタリーサマリー:ハルキフでロシア軍は3日間でウクライナ軍の防衛ラインに到達した。ハルキフ西側戦線にはウクライナ軍の主要要塞が3つある。東側戦線には4つ要塞があるが、一つでも突破されたら、全体が突破される。ロシア軍はこれらの要塞の背後を爆撃しており、補給ができないようにしている。東側戦線から戦わずに真っ先に逃走したのは反ロシア義勇軍。ブダノフ情報局長に属する部隊。ブダノフはハルキフ市に乗り込み、混乱をおさめようとしている。ウクライナの戦死者数はハルキフよりもドンバスで多い。ドンバスでロシア軍はますます進軍の速度を早め、ヘルソン州はウクライナ軍が手薄になっている。

マーキュリス:ウクライナ兵は毎日1500名から1600名戦死している。兵器の損失も甚大。ハリコフ方面の司令官も解任された。ウクライナは地雷原も用意できていなくて、簡単にロシア軍に攻略された。「ロンドンタイムス」は「沈黙から地獄に落ちた」とハルキフ戦線の現状を伝えている。チャソビヤを守るウクライナ司令官が「もうここは維持できない」と表明。ロシアは「積極的防衛」から「攻勢」に立場を変えた。

スコット・リッター:NATO軍がウクライナに兵を送り込んだら、NATO本部が戦術核攻撃される。このことは2年前からプーチンが警告している。ロシア人は「から脅し」をしない習性がある。やると言ったら実行するのがロシア根性。欧米は「空脅し」だと見做す傾向があるが危険なことだ。同じことはフランスや英国にも言える。ロシアはすでに別次元に入っていて、欧米諸国と交渉する気はない。だから無言で核攻撃するだけだ。NATOが介入したら「持っている全ての兵器を使う」とプーチンは2年前に断言している。この言葉を軽く見てはいけない。欧米にロシアの専門家はいなくなった。希望的観測をする人々ばかりだ。欧米のロシア専門家と言われる人は幻想の中に生きており、現実を見ていない。ロシアには「ロシアドクトリン」がある。英国のミサイルがロシア本土を攻撃したら、英国本土が攻撃される。プーチンは今、全世界で最も尊敬されている政治家だ。プロパガンダの成果でプーチンを嫌うのはG7や欧米諸国だけだ。ロシアや中国に対して欧米諸国は影響力を失っていることを欧米首脳は悟らなければいけない。中国やロシアは欧米諸国なしで繁栄できる仕組みを作り上げている。米国への関心を持つ国は減る。ゼレンスキーはロシアの犯罪者リストに載ることになる。ドイツは歴史から何も学んでいない。いまだに一皮剥けばヒトラーだ。ウクライナに長距離ミサイルを送り込んだら、まさにヒトラーと同じになる。

大地舜:欧米諸国の指導者層は、ヒトラーと同じだと私も思う。日本人も欧米に追随している限り、ヒトラーと同じ。

« ウクライナ・プロジェクトが終わる。5月12日 | トップページ | プーチンは戦争終了への準備をしている。5月14日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナ・プロジェクトが終わる。5月12日 | トップページ | プーチンは戦争終了への準備をしている。5月14日 »