« 西アフリカから、欧米諸国が、追い出されている。5月6日 | トップページ | 今年のパリのオリンピックは、開催されるのか?5月9日 »

2024年5月 8日 (水)

ロシアは英国本土の英空軍基地を破壊する

ミリタリーサマリー:プーチンの新たな任期が始まった。2030年まで大統領を続ける。NATOや欧米にとっては強敵だ。フランスの大使が就任式に出席。フランスは夏のオリンピックへの協力を求めたいのだろう。欧米諸国にとっては2週間程度の停戦が理想的だ。ロシアの経済も軍事も最高の状態にあり、停戦に応じるには相当な要求をフランスに突きつける。バラルーシが核訓練を開始。ウクライナの大佐2名がゼレンスキーを暗殺しようとして失敗。

The Duran:フランス大使と英国大使がロシアの外務省に呼ばれて強烈な警告を受けた。英国のキャメロン外相が「英国のミサイルをどこに打ち込もうとウクライナの勝手だ」と述べたが、それに対して「英国のミサイルがロシア本土を攻撃したら、ロシアは英国本土の英空軍基地を破壊する/世界中の英空軍基地が攻撃の対象となる」と警告。フランス大使の場合は、フランス兵が参戦したら、「容赦無く叩く」というものだが、フランス大使はウクライナに兵を送っていないと弁明。F-16は核弾頭も搭載できる。したがってF-16を離陸させた飛行場は全て攻撃の対象となる。

ダグラス・マクレガー:ウクライナで欧米の兵器を操作しているのはNATO軍の兵士。欧米の情報網なしではウクライナ軍はメクラ。1ヶ月で停戦するはずだった戦争が欧米の戦略で2年も続いている。ウクライナは今年の夏の終わりには敗北する。NATOも解散することになるだろう。ガザ地区でのイスラエル軍の攻撃が始まったが、米国の政治家は大統領選挙が終わるまでネタニヤフ首相が支配している。ネタニヤフはヒズボラとの戦争も決行する気だ。

大地舜:傲慢なアングロサクソンは、ウクライナ人を犠牲にして、いつまでも戦争を止めようとしない。バイデンが選挙に勝ったら米軍をウクライナに送ると考えている軍事専門家もいる。バイデンには負けて欲しい。昨日は1日かけて白内障の両眼手術。痛くはなかったけれど、緊張で疲れた。

« 西アフリカから、欧米諸国が、追い出されている。5月6日 | トップページ | 今年のパリのオリンピックは、開催されるのか?5月9日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

更新がなくて不思議でしたが、なんと手術だったのですね。無事に終わられてよかったです。術直後なのに、ブログを更新いただき感謝です。お大事にされてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西アフリカから、欧米諸国が、追い出されている。5月6日 | トップページ | 今年のパリのオリンピックは、開催されるのか?5月9日 »