« 米国は世界平和の妨害ばかりしている。5月21日 | トップページ | イスラエルへの戦争犯罪追求は今回の二人では済まない。5月23日 »

2024年5月22日 (水)

世界は核戦争寸前まで追い込まれる。5月22日

ミリタリーサマリー:ハルキフ州では激戦が行われている。ロシア軍は5月25日ごろから第2波の攻撃を始めると私は予想している。ドンバス全域でロシア軍が優勢だが、例外はチェスビア。ここではウクライナの外人部隊が活躍して、混沌とした状態にある。

The Duran:ゼレンスキーは絶望しており、第3次世界大戦が始まることを祈っている。兵士も集まらず。集まっても戦闘訓練に時間がかかる。欧米から兵器を受け取っても使えるエリート兵士が不足している。ポーランド、バルト3国、英国、米国はすでにトレーナーという名目で戦闘部隊を送り込んでいる。フランスも外人部隊を送り込んでいる。欧米諸国のネオコンたちはAll or Nothingの思想の持ち主で、ロシアと戦争をしたがっている。大統領選挙で民主党が勝てば、まず間違いなく米国は参戦する。つまり世界は核戦争寸前まで追い込まれる。2022年1月22日にブリンケン国務長官は、ロシアのラブロフ外相に「米国はウクライナに中距離ミサイルを提供する。数量はまだ決めていない」と宣言している。ウクライナは戦場で負け、動員令は不評で、ゼレンスキーの人気もガタ落ちだ。すでに300万人のウクライナ人がロシアに亡命しているが、これからウクライナの若者はロシアに逃げようとするだろう。欧米諸国はウクライナを崩壊させた。ゼレンスキーは第3次世界大戦を起こしてヨーロッパを破壊したいと思っている。彼はそれほど絶望しており、怒り狂っている。

大地舜:このままだと「核戦争寸前まで行く」と私も思う。日本の出番が迫ってきている。日本は戦争に「ノー」だと宣言しなければならない。パリでオリンピックが行われている時に、ウクライナで大事件が起こるのではないだろうか?

« 米国は世界平和の妨害ばかりしている。5月21日 | トップページ | イスラエルへの戦争犯罪追求は今回の二人では済まない。5月23日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国は世界平和の妨害ばかりしている。5月21日 | トップページ | イスラエルへの戦争犯罪追求は今回の二人では済まない。5月23日 »