« CIAがNGOを使って世界各国の政権転覆を図っている。5月28日 | トップページ | 中東では欧米離れが始まっている。5月30日 »

2024年5月29日 (水)

エジプト軍はイスラエル軍と戦うことになる。5月29日

ミリタリーサマリー:ウクライナにF-16が配備されるが、他の兵器の到着は遅れるとウクライナ国防省。ロシア軍がウクライナ北部国境に30万人の兵を集結している。キエフの包囲をする用意。プーチンはゼレンスキーをウクライナの代表として認めないことにした。ウクライナ国会議長を代表として認める。夏の総攻撃への最後通告のように聞こえる。ハルキフ州の戦線は停滞している。ドンバスではロシア軍が圧倒的に優勢。兵器の物量が違いすぎる。

ダグラス・マクレガー:イスラエルの指導者たちは、ハマス殲滅を完遂するために、エジプトとの国境にある1979年の和平協定で非武装化された小さな緩衝地帯、フィラデルフィア回廊を掌握しなければならないと言う。エジプトは拒否。エジプト軍はイスラエル軍と戦うことになる。シシー大統領はイスラエルと対決しないと国民から打倒される。対決しないとイスラエルや米国の操り人形だと国民から否定される。中国でアラブ連合の首脳との会議が開かれている。エジプトのシシー大統領も出席している。シシーは中国に支援を依頼に行った。米国と手を切るので、中国の支援が必要だというわけだ。アラブ諸国はパレスチナ人が4〜5万人と虐殺されること坐視できない。国民が許さない。米国は中東から退場させられる道を歩んでいる。ICCがネタニヤフ首相に逮捕状を出すと、フランスやドイツやスペインやノルウエイにネタニヤフはいけなくなる。ドイツが米国から離れるだろう。ドイツは生き残りのためにアラブやロシアの石油が必要だし、中国との貿易も必要だ。ドイツはロシアとインドを結ぶ南北輸送回廊構想にも参加したい。ドイツがロシアや中国と結束するとNATOの終わりの始まりとなる。ゼレンスキーの命運は尽きた。ウクライナという国がなくなってしまうか、名前も変わる。

マイク・ホイットニー(米国のジャーナリスト):「アントニー・ブリンケン国務長官はバイデン大統領に、ロシア奥深くの標的へのウクライナのミサイル攻撃を許可するよう要請した」と報じられている。この方針転換は、ウクライナで進行中の地上戦には何の影響も与えないだろうが、NATOをモスクワと直接衝突させるような反応を引き起こす可能性はある。要するに、ウクライナでの敗北を目前に控えたワシントンは、第三次世界大戦を引き起こしかねない戦略を実行に移さざるを得なくなった。ロシア領土へのミサイル攻撃は、ロシア連邦に対する明白な侵略行為である。公然たる宣戦布告である。

大地舜:タイ王国がBRICSに参加申請をした。国際法を無視する悪の枢軸(英国・米国・イスラエル)はBRICS+によって息の根を止められる。

« CIAがNGOを使って世界各国の政権転覆を図っている。5月28日 | トップページ | 中東では欧米離れが始まっている。5月30日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CIAがNGOを使って世界各国の政権転覆を図っている。5月28日 | トップページ | 中東では欧米離れが始まっている。5月30日 »