« 今年のパリのオリンピックは、開催されるのか?5月9日 | トップページ | ハンガリーから、ギリシャの港に達する高速鉄道の建設が始まる。5月11日 »

2024年5月10日 (金)

スロビキン将軍がモスクワに帰ってきた。5月10日

ミリタリーサマリー:ロシア軍はドンバス地域でウクライナ軍の補給路をたち、包囲を進め前進している。各地でウクライナ軍は逃走している。ヘルソン州クリンケではウクライナ軍が東岸へ上陸しようとしているが、ここに1万人上陸しても、ロシア軍は全く怖くないだろう。最大のニュースはスロビキン将軍がモスクワに帰ってきたことだ。スロビキン将軍がハリコフ攻略作戦の総指揮を取ると思われる。あるいはロシアの特別軍事作戦全体の指揮官となると思われる。ほぼ1年ぶりの復帰だ。ヨーロッパ諸国でウクライナの若者が逮捕されてウクライナに送還され始めている。安全なのはハンガリーなどにいる若者だけ。

アントニー・ブリンケン国務長官(中国での記者会見):今月上旬のNATO同盟国との会議でも、先週のG7パートナーとの会議でも、私は同じメッセージを聞いた:ロシアの防衛産業基盤に燃料を供給することは、ウクライナの安全保障を脅かすだけでなく、ヨーロッパの安全保障を脅かす。冷戦終結以来、欧州の安全保障にとって最大の脅威であるロシアを支援しながら、北京が欧州との関係改善を達成することはできない。以前から中国に伝えているように、大西洋横断の安全保障の確保は米国の核心的利益である。本日の話し合いで、中国がこの問題に対処しないのであれば、我々が対処することを明確にした。私はまた、中華人民共和国(PRC)の不公正な貿易慣行と、特にソーラーパネルや電気自動車、それらを駆動するバッテリーのような21世紀の経済を牽引する数多くの主要産業における、過剰生産能力の潜在的な影響についての懸念を表明した。私はまた、香港の自治と民主的制度の侵食、国境を越えた弾圧、新疆ウイグル自治区とチベットで進行中の人権侵害、そして多くの個人的な人権事件についても懸念を表明した。

大地舜:ブリンケンの詭弁には呆れてしまう。中国とロシアの貿易は正常な範囲だ。米国は、ジャベリン、HIMARS、戦車、大砲、パトリオット・ミサイルなどを送りつけて火に油を注いでいる。身勝手も酷すぎる。まるでオーウェルが「1984年」で描いた世界だ。米国の核心的利益が大西洋にあるので尊重しろというなら、中国の核心的利益である「中国一国制度」をなぜ無視するのだ。戦争にばかり熱中してきた米国の工業生産力が落ちても、中国に責任を押しつけるのは、間違いだ。新疆ウイグル自治区とチベットで進行中の人権侵害を語るならば、イスラエルのジェノサイドと米国内の若者に対する人権侵害を今すぐにやめるべきだ。

« 今年のパリのオリンピックは、開催されるのか?5月9日 | トップページ | ハンガリーから、ギリシャの港に達する高速鉄道の建設が始まる。5月11日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のパリのオリンピックは、開催されるのか?5月9日 | トップページ | ハンガリーから、ギリシャの港に達する高速鉄道の建設が始まる。5月11日 »