« ロシアと北朝鮮の同盟は世界の力関係を変えた。6月25日 | トップページ | 1年以内にガザで、50万人近い人間が死ぬ。6月27日 »

2024年6月26日 (水)

DSは第3次世界大戦を起こそうとしている。6月26日

ミリタリーサマリー:トランプ大統領候補のスタッフが興味深い提案をした。「今すぐ停戦交渉を始めるべきだ」「ウクライナが停戦交渉のテーブルにつかないならば米国は全ての支援を停止する」「ロシアが交渉のテーブルにつかないならば、永遠にウクライナに武器を提供する」という内容。ハルキフでは戦闘が続いている。ウクライナ軍の攻撃は全て撃退されている。ウクライナ兵の昨日の戦死者数は2345人と多かった。

ジェフリー・サックス:米国は米国製ミサイルでロシアの民間人を殺すことでロシアとの戦争を始めた。イスラエルではユダヤ正統派も軍隊に召集されることになったが、良いことだ。彼らは一番の過激派だが、兵役を免除されてきた。ウクライナもイスラエルも米国の軍事力を我が物顔で使っている。

ぺぺ・エスコバー(南米のジャーナリスト。モスクワ在住):モスクワでは米国のミサイルでクリミアの民間人が攻撃されたことで話題は持ちきりだ。ロシア人は欧米に深い憤りを感じている。噂ではすでに米国の無人偵察機グローバルフォークを撃ち落としたとも言われている。ウクライナ首脳に言わせるとクリミアに民間人はいないという。ウクライナのネオナチ政権は狂信者と、米国と、スーパーリッチに支配されている。ロシアはまずこの事件の詳細を国連安保理に報告するだろう。ロシア首脳は欧米の言うことは信用できないと感じてる。ロシアはウクライナを兄弟国だと思っているので、民間人への攻撃はしない。ICCやICJはウクライナのネオナチ政権に逮捕状を出すべきだ。

ジェイソン・スコット・ジョンズ(米国の映画プロデューサー、作家、最新作『Divided Hearts of America』はアマゾン・プライムで視聴可能。):バイデン政権とその海外傀儡の無謀さのおかげで、われわれはキューバ危機以来の核戦争に近づいている。クリミアでロシア市民が死亡したことについて、ロシアは "テロリスト "である米国に責任があると宣言した! ロシアによると、米国製ATCAMSクラスター・ミサイルが、米国の衛星偵察によって支援され、ウクライナからセバストポリに発射された。現実は1962年以降で最も核戦争に近づいている。腐敗したバイデン政権(オバマ)に率いられた西側諸国は、プーチンがエスカレートすることを期待して挑発し続けている。ディープ・ステートは第3次世界大戦を起こそうとしているが、ロシアのせいに見せかける必要がある。欧州連合(EU)は、暴力的なナショナリズムによる殺戮から逃れることを望んだ、カトリック信者たちによって開拓された。しかし、世俗化したエリートたちはその支配権を握り、今ではキリスト教徒や愛国者を迫害するためにその権力を利用している。NATOは現在、ヨーロッパとアメリカの両方で、そうしたエリートたちの軍事部門となっている。なぜこのようなことになったのか? NATOはイデオロギーに基づく悪の帝国へと変貌したのだ。国際テロ組織NATOが暴走している。この凶悪なテロリストたちは、あらゆる国家を不安定化させる能力を持ち、地球上のあらゆる標的を攻撃する意志を持っている。彼らの組織は核兵器、生物兵器、化学兵器を保有している。民間人も標的にするこの狂人集団は、その頭文字をとってNATOと呼ばれている。北大西洋条約機構(NATO)の侵略は、国連憲章だけでなく、民間人への爆撃を違法とするジュネーブ条約にも違反している。NATOのろうそくを吹き消そう!

大地舜:トランプとバイデンの討論会は日本時間の6月28日、朝10時だとのこと。見なければ・・・

« ロシアと北朝鮮の同盟は世界の力関係を変えた。6月25日 | トップページ | 1年以内にガザで、50万人近い人間が死ぬ。6月27日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアと北朝鮮の同盟は世界の力関係を変えた。6月25日 | トップページ | 1年以内にガザで、50万人近い人間が死ぬ。6月27日 »