« 原発と送電網をつなぐ配電盤が破壊されれば、ウクライナは終わる。6月17日 | トップページ | スイスの平和会議は大失敗に終わった。6月19日 »

2024年6月18日 (火)

米国は中国との戦争を始めている。6月18日

ミリタリーサマリー:全ての戦線でロシア軍が前進。ロシア軍が攻撃を加速化している。ウクライナ軍の抵抗が激しいのはハルキフ国境方面だけ。

ジェフリー・サックス:プーチン大統領が和平交渉開始の条件を提示したが、欧米はウクライナを交渉のテーブルに座らせるべきだ。交渉ということはロシアにも妥協の用意があるということだ。交渉を恐れてはならない。

The Duran:欧米は自滅の道を進んでいる。ロシアの凍結資産の利子を使ってウクライナの支援をするという米国の案は馬鹿げている。ロシアの資産の利子の所有者はロシアであって、誰も奪うことはできない。ウクライナはすでに破産しており、ローンの返済はできない。返済する気もない。半年後には親ロシア政権が生まれている可能性もある。そうなるとローンの返済をするのは保証人となっているヨーロッパの納税者たちだ。こんな馬鹿げた米国の政策を認めるG7やヨーロッパの首脳は頭が悪すぎる。米国は新たな経済制裁を中国にもかけたが、これまた無駄なことだ。中国・インド・ロシアはますます欧米諸国から離れていく。米国は中国との戦争を始めている。

大地舜:欧米諸国がロシアの凍結資産の利子を担保に、債券を売ってウクライナにお金を貸しても、貸したお金が返ってくる可能性はほぼゼロだ。だがヨーロッパ諸国が元金と利子の保証をしてくれるなら、これは美味しい投資になる。スーパーリッチたちは喜んで債券を購入するだろう。戦争で儲けるのは常にスーパーリッチたちだ。

« 原発と送電網をつなぐ配電盤が破壊されれば、ウクライナは終わる。6月17日 | トップページ | スイスの平和会議は大失敗に終わった。6月19日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発と送電網をつなぐ配電盤が破壊されれば、ウクライナは終わる。6月17日 | トップページ | スイスの平和会議は大失敗に終わった。6月19日 »