« ウクライナはヨーロッパのアフガニスタンになった。7月2日 | トップページ | 米国には平和が必要。7月4日 »

2024年7月 3日 (水)

世界で孤立しているのは欧米諸国であり、ロシアではない。7月3日

ミリタリーサマリー:ハンガリー首相がキエフを訪れて、「和平交渉」を勧めたが、ゼレンスキー政権は拒否。米国はさらなるウクライナ支援を約束。CHASV YAR東部がロシア軍によって制圧された。ハルキフを含め全ての戦線でロシア軍が圧倒。ウクライナの飛行場が攻撃されウクライナ空軍の持つ7機のSU27が破壊された。これは大きな痛手。各地のウクライナ軍は抵抗能力を失い撤退もできない苦境にある。第12特殊目的部隊(昔のアゾフ連隊)が、ウクライナの兵士召集に苦情。ウクライナ政権は弱者のみを召集して、金持ちや権力者の親族の若者を召集していないという。

スコット・リッター:アメリカがクリミア半島サバストパで明らかにロシアを攻撃した。ロシア政府は「報復をする」と保証した。ロシアはNATOの核兵器ミサイルがある場所を標的にして、弾道核ミサイルを配置した。米露関係はレーガン時代以降、最悪の状態になっている。ロシアを理解していないバイデン政権の責任だ。ロシアは欧米の挑発に耐えているが、プーチンへの国内右派からの圧力が高まっている。ドイツ、フランス、英国の選挙を見ると、ヨーロッパのウクライナ支援は風前の灯だ。世界で孤立しているのは欧米諸国であり、ロシアではない。

大地舜:「台湾有事」がありうると考えるのは馬鹿げている。勝者は「台湾有事」を起こしたい米国だけだ。台湾、韓国、日本、フィリピンは、ウクライナのように甚大な被害を受ける。中国も弱体化される。米軍は対岸の火事を見て喜ぶだけだ。「台湾有事」を騒ぎ立てる時代は終わった。

« ウクライナはヨーロッパのアフガニスタンになった。7月2日 | トップページ | 米国には平和が必要。7月4日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウクライナはヨーロッパのアフガニスタンになった。7月2日 | トップページ | 米国には平和が必要。7月4日 »