« 米国には平和が必要。7月4日 | トップページ | ドンバスのウクライナ軍が西に逃走を始めている。7月6日 »

2024年7月 5日 (金)

シオニズムの終わりかもしれない。7月5日

ミリタリーサマリー:ウクライナの航空機燃料貯蔵庫が破壊された。Fー16は7月にウクライナに投入されるが、すぐにロシア軍のミサイルによって破壊されると思う。ウクライナは新たに14師団を用意したが、兵器がない。ウクライナ軍の中では反乱が始まっている。ロシア軍は全ての戦線で優勢。

チャールズ・フリーマン(元米国サウジアラビア駐在大使):イスラエルは分断されている。軍と政府が対立し、人質問題でも分裂し、多くの国民がイスラエルからさっている。パレスチナ人の大虐殺を認めない人々も多い。現在のイスラエルはファシズム国家としか言いようがない。サウジアラビアの96%の国民は、イスラエルとの国交正常化を望んでいない。米国とイスラエルは同盟関係にはない。イスラエルは米国の国益を無視する。米国も考えを変えるべきだ。イスラエル軍はハマスに勝てない。イスラエルの本心はガザに住む全てのパレスチナ人を皆殺しにするか追放することだ。シオニストたちはパレスチナ人を人間扱いしていない。ホロコーストを経験したユダヤ人が、大虐殺を行うということは奇妙だ。ネタニヤフ首相は利己的で、ハマスに勝てないこともヒズボラに勝てないことも知っている。だが、戦争が終わると彼は牢獄に入らなければならない。それを避けようして権力にしがみついている。建国から75年も経ったが、イスラエルは隣国に友人を作れなかった。軍事力だけに頼ってきた。友人なしでは安全は確保できない。シオニズムの終わりかもしれない。

大地舜:いまだにイスラエルの行っている大虐殺を擁護する人がいるが、間違っている。最近の歴史を勉強してほしい。イスラエルという国が滅亡する可能性も出てきている。

« 米国には平和が必要。7月4日 | トップページ | ドンバスのウクライナ軍が西に逃走を始めている。7月6日 »

Geopolitical Economy」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国には平和が必要。7月4日 | トップページ | ドンバスのウクライナ軍が西に逃走を始めている。7月6日 »